オーストラリアの回転寿司店で驚いたこととは!?

オーストラリアの回転寿司店で驚いたこととは!?

今や日本食文化は世界中を席巻しているようですが、中でもお寿司はどこの国でも大人気で、オーストラリアも例外ではありません。

メルボルンのシティ(中心街)でも、SUSHIの看板をよく見かけます。

メルボルン

郊外の大型ショッピングセンターのテナントにも必ず何軒か入っています。

寿司なのに、ほとんどのお店の経営者は韓国人か中国人とのこと。

お米も海苔も韓国産か中国産(ちなみに店員さんも韓国人とか中国人とかタイ人とかでした)。

日本産のお米や海苔はとにかく高いからなのだそうです。

日本人の経営する日本の食材を使う高級店もあるのでしょうが、私には縁がありませんでした。

マクドナルドなどのファーストフード店と同じ感覚で、店頭に作って並べてある、日本でいう中巻き寿司を2~3本買って歩きながらほうばったり、店のちょっとしたテーブルと椅子に腰かけて食べたりしています。

お客さんは主にオーストラリアの人、いわゆる金髪の白人さんです。

オーストラリアには回転寿司店ももちろんあります。

メルボルンのシティで回転寿司店に入った時のことです。

ここで驚いたのが、日本では無料で食べ放題のガリも少量ずつお皿に乗って廻っていたんです(笑)。

しかも有料!

しかも色はどピンク!

回転すし

オーストラリアでは当たり前の文化のようです(笑)。

ネタで一番人気はサーモンとのこと。

オーストラリアでは生の魚を食べる文化が浅いせいでしょうか、サーモン以外は食べる人少ないみたいです。

マグロよりも何よりも何故かみんなサーモンなのです。

オーストラリア人は、雨が降ると靴を脱いで裸足で歩くってホント!?

オーストラリア人は、雨が降ると靴を脱いで裸足で歩くってホント!?

オーストラリアの人は雨が降ると靴を脱いで裸足で歩くそうですよ!

オーストラリアは雨が少ない国です。年間の降水量は日本の半分くらい。

ほとんどの家庭に傘はありません。雨が降っても傘はささず、平気で濡れて歩きます。

あし

どしゃ降りになると、靴を濡らすまいと、脱いで懐に抱いて裸足で歩くのだそうです。

靴だけ脱いでも服も頭も濡れるのに、なぜかそれは平気なのです。

不思議ですよね。

靴のまま家に上がる生活だからなのかしら?

もちろん、傘をさして歩く人もいますよ(笑)。

靴のまま家に上がるといえば、メルボルンに住んでいる私の友人宅では(夫婦とも日本人)玄関で靴を脱いで上がる日本式の生活をしています。

なのにその子供たちの友達が遊びに来ると、当たり前のように靴のままズカズカと上がってくると嘆いていました。

靴のまま上がる生活なのでオーストラリアにはスリッパは売っていないそうで、日本に来るたびに買って帰ります。

へえ~と思うことばかりですよね(笑)。
あ、傘は売ってました。

メルボルンのシティにあるフェデレーションスクエアというアートとエンターテインメントの総合施設でおみやげとして。日用雑貨ではなく特別な物のような扱いで。

友人が傘がないというのでびっくりして記念に買ってプレゼントしたのを思い出しました。

シドニー

日本人なのに現地に住んでいると傘を持たない生活になってしまうのですね。

そのうち家も靴のまま上がっているかも…。