オーストラリアの回転寿司店で驚いたこととは!?

オーストラリアの回転寿司店で驚いたこととは!?

今や日本食文化は世界中を席巻しているようですが、中でもお寿司はどこの国でも大人気で、オーストラリアも例外ではありません。

メルボルンのシティ(中心街)でも、SUSHIの看板をよく見かけます。

メルボルン

郊外の大型ショッピングセンターのテナントにも必ず何軒か入っています。

寿司なのに、ほとんどのお店の経営者は韓国人か中国人とのこと。

お米も海苔も韓国産か中国産(ちなみに店員さんも韓国人とか中国人とかタイ人とかでした)。

日本産のお米や海苔はとにかく高いからなのだそうです。

日本人の経営する日本の食材を使う高級店もあるのでしょうが、私には縁がありませんでした。

マクドナルドなどのファーストフード店と同じ感覚で、店頭に作って並べてある、日本でいう中巻き寿司を2~3本買って歩きながらほうばったり、店のちょっとしたテーブルと椅子に腰かけて食べたりしています。

お客さんは主にオーストラリアの人、いわゆる金髪の白人さんです。

オーストラリアには回転寿司店ももちろんあります。

メルボルンのシティで回転寿司店に入った時のことです。

ここで驚いたのが、日本では無料で食べ放題のガリも少量ずつお皿に乗って廻っていたんです(笑)。

しかも有料!

しかも色はどピンク!

回転すし

オーストラリアでは当たり前の文化のようです(笑)。

ネタで一番人気はサーモンとのこと。

オーストラリアでは生の魚を食べる文化が浅いせいでしょうか、サーモン以外は食べる人少ないみたいです。

マグロよりも何よりも何故かみんなサーモンなのです。

オーストラリア人は、雨が降ると靴を脱いで裸足で歩くってホント!?

オーストラリア人は、雨が降ると靴を脱いで裸足で歩くってホント!?

オーストラリアの人は雨が降ると靴を脱いで裸足で歩くそうですよ!

オーストラリアは雨が少ない国です。年間の降水量は日本の半分くらい。

ほとんどの家庭に傘はありません。雨が降っても傘はささず、平気で濡れて歩きます。

あし

どしゃ降りになると、靴を濡らすまいと、脱いで懐に抱いて裸足で歩くのだそうです。

靴だけ脱いでも服も頭も濡れるのに、なぜかそれは平気なのです。

不思議ですよね。

靴のまま家に上がる生活だからなのかしら?

もちろん、傘をさして歩く人もいますよ(笑)。

靴のまま家に上がるといえば、メルボルンに住んでいる私の友人宅では(夫婦とも日本人)玄関で靴を脱いで上がる日本式の生活をしています。

なのにその子供たちの友達が遊びに来ると、当たり前のように靴のままズカズカと上がってくると嘆いていました。

靴のまま上がる生活なのでオーストラリアにはスリッパは売っていないそうで、日本に来るたびに買って帰ります。

へえ~と思うことばかりですよね(笑)。
あ、傘は売ってました。

メルボルンのシティにあるフェデレーションスクエアというアートとエンターテインメントの総合施設でおみやげとして。日用雑貨ではなく特別な物のような扱いで。

友人が傘がないというのでびっくりして記念に買ってプレゼントしたのを思い出しました。

シドニー

日本人なのに現地に住んでいると傘を持たない生活になってしまうのですね。

そのうち家も靴のまま上がっているかも…。

雨が少なく、慢性的な水不足に悩むオーストラリアならではの決まりとは?

雨が少なく、慢性的な水不足に悩むオーストラリアならではの決まりとは?

雨が少なく、慢性的な水不足に悩むオーストラリアならではの決まりがあります。

一体なんだと思いますか?

メルボルンの郊外の住宅地はほとんどが一戸建てです。

平屋で、2階建ては見かけません。

土地が広いので、縦に延ばすより、横に延ばした方が経済的なのかも知れませんね。

どの家にも広い庭があって、それぞれ木や花を植えたり、芝生にしたり、緑がとても多いのですが、水不足のため、毎日水を撒いてはいけないのです。

メルボルンの住宅の庭への水撒きは1日おきにしかできないという決まりになっています。

偶数番地の家は偶数の日、奇数番地の家は奇数の日だけに庭の草木に水やりができます。

水撒き

住民はみんなちゃんと守っているのでしょうね、多分。

そこへいくと日本は本当に水に恵まれて
いるなあと、あらためて実感しました。
(でも最近は異常気象で集中豪雨などでの災害が多くなっていて、水の恩恵ばかりを言っていられなくなりましたが・・・。)

水撒きするような庭のある家は東京ではあまり見かけなくなりましたけど、メルボルンには大きな公園も随所にあって緑が豊かで、秩序を守る人々、これが世界で2番目に住みやすい都市と称される所以でしょうか。

ですから一度行くとまた行きたい、一度住むと離れたくないという人が多いのでしょう。

水不足がなんとか解消されるとよいのですが。

オーストラリアの踏切に「あれっ!?」と感じた違和感とは?

オーストラリアの踏切に「あれっ!?」と感じた違和感とは?

メルボルンの郊外からシティ(中心街)へ向かう電車に何回も乗る機会がありました。

車窓から外を眺めていて、踏切を通過したとき「あれっ!?」と思ったことがあります。

レール

踏切の遮断機のバーが道幅の半分だけにしか無く、片側半分には何も遮るものがありません。

車の進行方向の車線にだけ遮断機が下りている状態です。

対向車線は線路の向こう側にやはり半分の長さのバーがありました。

対角線状態に半分ずつなのです。

考えてみれば進む手前にだけあればいいのですよね!

設備費も作動させる電気代も半分で済みますから経済的、合理的、エコですよね(笑)。

でも、歩行者が入り込んで人身事故とか起きたりしないのでしょうか。

車社会なので、あまり歩いている人もいないのかも知れませんね。

日本だったらもしそんなことになったら鉄道会社の責任が問われる大騒ぎになりますけど、あちらは”自己責任”ということなのでしょうか。

日本は、車内アナウンスで傘の忘れ物をしないように、網棚の荷物は大丈夫かとか、天気予報では上着を一枚多く着た方がいいとか、雄大な大自然を楽しむ観光地の過剰なまでの柵といい、何もかもが親切過ぎるのかも知れません。

過保護とは言わず、敢えて親切過ぎると言っておきましょう(笑)。

オーストラリア人が明らかにアジア人の私に道をきいてくる理由とは?

オーストラリア人が明らかにアジア人の私に道をきいてくる理由とは?

メルボルンに2週間ほど滞在している間に、オーストラリア人に2回も道を聞かれました(笑)。

1度目は、お孫さんらしき子供を連れたおばあさん。

駅のホームで、

「この電車でシティに行けますか?」

と。

女性

2度目は歩いていたらビジネスマン風の男性に、

「何とか(多分会社の名前)は、どこですか?」

と。

英語がろくに出来ない私は冷や汗ものでした(笑)。

おばあさんには「イエス!」で済んで良かったですが、男性には質問の内容もよく理解できず…

「ごめんなさい、私は英語が話せません」

とたどたどしい英語で答えました。

普通、私たち日本人が日本で道を聞くとき、外国人とわかる人には聞きませんよね?

なぜオーストラリアの人がどこから見てもアジア人の私にフツーに道を聞いてくるのか不思議に思いましたが、考えてみればオーストラリアが移民の国だからなのですね。

 

かつては移民を多く受け入れていた国なので(今は人口も増えたりその他の事情で移民の受け入れは厳しくなっているそうです)、いろいろな国の人が市民としてたくさん暮らしているのです。

コンパス

なので私を見ても、この人は外国の人だから・・・と特別視しないのでしょう。

世界の国旗

違和感など感じないでまったく当たり前に受け入れられていることに、ちょっとうれしくもありました。

これからオーストラリアに旅行に行かれる方も、突然現地のオーストラリア人に道をきかれるかもしれませんので、気をつけてくださいね(笑)。

オーストラリアで車を売りたい時にとる日本では考えられない方法とは!?

オーストラリアで車を売りたい時にとる日本では考えられない方法とは!?

私は現在、日本で日産ノートというコンパクトカーに乗っていますが、今はもっぱら愛犬の通院のときだけしか使わなくなってしまっています。

あまり必要もないのにマイカーなんてお財布と地球環境に良くないので、手放すべきと車検のたびに思いつつ、ついだらだらと所持しています。

テレビのCMで、「車売るなら~」などというのを見るたびに「覚えておこう!」と思ったりしています。交差点

そこで、オーストリアのメルボルンで見た光景を思い出しました。

私たちは車を売りたいときは必ず何らかの形で専門の業者に依頼しますが、メルボルンで面白い車の売り方を目撃しました。

広~い幹線道路の車道と歩道との間にある路側帯に放置してある赤い乗用車がありました。

故障車かと思ったら、なんと、その車を売りたい人がそこに”展示中”なのだそうです!

驚きました。

「見てください。この車売ります。いかがですか?」

という意思表示だそうで、見るとフロントグラスの内側に電話番号を書いた紙があります。

欲しい人は電話して交渉するのだそうです。

こんなところに放置しておいて盗まれたりしないのでしょうか。

それより駐車違反で罰金取られたりしないのでしょうかね。

日本だったらすぐに駐車違反でレッカー移動されて高いお金を払わなければなりません。

オーストラリアは土地が広いからなのでしょうか、何とも悠長ですよね(笑)。

オーストラリア人の大らかすぎる!?電車マナーとは?

オーストラリア人の大らかすぎる!?電車マナーとは?

オーストラリアは国土が広大なせいでしょうか、とても大らかな民族のように感じます。

電車やトラム(メルボルンの路面電車)での光景です。

トラム

電車には自転車も一緒に乗れるし、大きなベビーカー(それが本当に大きいのですよ。大人も寝そべることができそうなくらい)も車内に持ち込んで真ん中にデンと置いています。
持ち主も堂々としたものですし、もちろん誰も迷惑そうな顔もしません。

トラムではでっぷりした大柄なおじいさんが、座席に座った膝の上に決して小さくない手提げラジオ(一時流行ったラジカセくらいの)を乗せて大きな音でスポーツの中継のようなのを聞いていました。

メルボルン

車内中に聞こえていますが誰もうるさいとか迷惑とか、そういうそぶりもしません。

おじいさんは平気、むしろ自慢げで楽しそうでした。

日本ではイヤホンから漏れる音がどうとか言ってますけど次元が違いますね。

最近のニュースで新橋駅で肩が触れたとかでひどい暴行をした人がいましたけど、近頃の日本人は、せかせかイライラして心の余裕がなくなっているのかも知れません。

オーストラリア人の大らかさを見習ってほしいです。

でも、さすがに車内での大音量のラジオは、日本ではどうかと思いますけど(笑)。

オーストラリアで犬を散歩させる人への親切なサービスとは?

オーストラリアで犬を散歩させる人への親切なサービスとは?

メルボルンは庭園都市といわれています。

それほど緑が多いのです。公園

街の至る所に樹木があって広~い公園も点在しています。

シティにほど近いサウスヤラというところに知人が住んでいて、その家の近くの公園に行きました。子供たちがサッカーをするコートもある広い公園です。

入口を入るとすぐの歩道の脇に大きな蓋付きのゴミ箱のような箱が二つ並んで設置されていました。

それもちゃんと景観に配慮した色とデザインの。

聞くところによると、一つは犬ちゃんがウンチをしたときに拾って入れるビニール袋(もちろんタダ)が入っていて、もう一つの箱はそれを捨てるためのものだそうです。

何と親切ではありませんか!

公園をきれいに保ちましょうという意識が、行政も市民も高いのだなあと感心しました。

私も犬を飼っていて、散歩のときはそれ用のティッシュペーパーとビニール袋を持参していますし、ほとんどの犬の散歩仲間もそうしていますが、始末しないで知らん顔で立ち去るひともいるようで、放置された糞をよく見かけます。

公園にわんちゃん用のそういう設備があったら、マナーの悪い飼い主も減るかしら?

犬

日本ではビニール袋を根こそぎ持ち去る人が出るだけだと思いますね、情けないけど・・・。

オーストラリアでみつけた、日本人なら誰でもできる(?)仕事とは!?

オーストラリアでみつけた、日本人なら誰でもできる(?)仕事とは!?

オーストラリアでアルバイトなどの仕事をしながら旅行を続けたいという人も多いと思います。

そんな方々にこの仕事はおすすめかもしれません!

メルボルンのシティからトラム(路面電車)で20分くらいで、リゾート気分を満喫できるセントキルダビーチがあります。

キルダストリート

東京でいうと銀座の近くに沖縄の海がある感じです。

海に面した道路沿いには日本で言う高級マンションが立ち並んでいます。

おしゃれなレストランやカフェが点在していて、のんびり美しい海を眺めたり散策するのに絶好のエリアです。

メルボルンにいらしたらぜひ行ってみて下さい、おススメです!

毎週日曜日にはアート&クラフトマーケットが開かれています。

インテリア小物やアクセサリーなどのお店が道端にズラッと並びます。

セール

そこで、漢字を半紙にお習字のように書いて売っている日本女性がいました。

現地のオーストラリア人が並んで順番を待っています。

何を書いているのかと覗いて見たら、オーストラリア人の名前を漢字で書いているのでした。

例えば「ジョージさん」でしたら「城治」とか書いて、

「これはジョージと書いてあります。
漢字の意味はお城を治めるという意味です」

と英語で説明します。

書いてもらった人は、

「ナイス!」

とか、

「グレート!」

とか言って大喜びで買っていきます。

お家に飾ったり友達に見せて説明したりするのでしょうね。

お代は、記憶は定かではありませんが、8~10ドルくらいだったかな。

半紙1枚に漢字を2~3文字書くだけででいい商売ですよね。

あれなら私でもできそう。

あ、英語でちゃんと説明できないとダメか~(笑)。