オーストラリア人の大らかすぎる!?電車マナーとは?

オーストラリアは国土が広大なせいでしょうか、とても大らかな民族のように感じます。

電車やトラム(メルボルンの路面電車)での光景です。

トラム

電車には自転車も一緒に乗れるし、大きなベビーカー(それが本当に大きいのですよ。大人も寝そべることができそうなくらい)も車内に持ち込んで真ん中にデンと置いています。
持ち主も堂々としたものですし、もちろん誰も迷惑そうな顔もしません。

トラムではでっぷりした大柄なおじいさんが、座席に座った膝の上に決して小さくない手提げラジオ(一時流行ったラジカセくらいの)を乗せて大きな音でスポーツの中継のようなのを聞いていました。

メルボルン

車内中に聞こえていますが誰もうるさいとか迷惑とか、そういうそぶりもしません。

おじいさんは平気、むしろ自慢げで楽しそうでした。

日本ではイヤホンから漏れる音がどうとか言ってますけど次元が違いますね。

最近のニュースで新橋駅で肩が触れたとかでひどい暴行をした人がいましたけど、近頃の日本人は、せかせかイライラして心の余裕がなくなっているのかも知れません。

オーストラリア人の大らかさを見習ってほしいです。

でも、さすがに車内での大音量のラジオは、日本ではどうかと思いますけど(笑)。